藤田ハウス

5.台所の床材の張り替え【リフォームQ&A】

2018-08-02

【リフォーム相談プロ】での藤田ハウスの回答をご紹介!

第5回目は、築35年の一戸建てのY様より

『台所の床材の張り替え』についてのご質問です。

実家の台所に貼ってあるクッションフロアが浮いてベコベコしている。 高齢の両親が手入れしやすく滑りにくい床がよい。 4畳ほどの広さで費用や作業時間はどの程度かかるか、また張り替えずに対処する方法もあるか知りたい。

藤田ハウスの回答

「自分で修理できる場合もある。 」

「『張り替えない』場合・・・35年も経ちますとクッションフロアの下地の合板(一般的に使われている)が傷んでいる事が多いです。通常は、大工さんに依頼して床のネダと呼ばれる横桟を増してもらい補強します。このときに一緒にシロアリ等の下見も兼ねてもらうとよいですね。クッションフロアが浮いているだけなら、ホームセンターで『クッションを押さえるアルミの板を・・。』といえば探してくれるはずです。但し、ビス止めになるので日曜大工の経験は必要です。工費は2~5万程度です。

『新規で安価な張替え』場合・・・既存の床の上に、もしくはクッションのみ剥ぎ取った上から下地用合板を張り、滑りにくい床を選択して仕上げを張る。工期も早いしゴミもあまり出ないので、比較的安価です。素材によりますが10万円前後である程度の選択はできますが、 リフォームゆえ業者の価格差はあります。但し、床の高さが12mm~15mm程度上がるので、使い勝手や扉が開かない場所が出る恐れもあるのでご注意下さい。

対処方法はいく通りもあります。また、わからない場合はご相談下さい。

 

 以上 いかがでしたか?

比較的安価で対処が出来そうですね。

様より感謝の言葉と共に「場合によっては自力での対処も可能と知り驚きました。

予算とも相談してみます。」との返答を頂きました。

 

今後も少しずつ藤田ハウスのリフォーム相談回答例をご紹介します。

お楽しみに♪

 

藤田ハウス

有限会社 藤田ハウス

〒794-0813 愛媛県今治市衣干町2丁目2-35 TEL:0898-33-0073  FAX:0898-33-0081
営業時間 AM 10:00~PM 6:00 不定休

Facebook

工事施工範囲:今治市・松山市・東温市・新居浜市・西条市・四国中央市

Copyright © 2016 FUJITA HOUSE. All rights reserved.