藤田ハウス

15.高齢両親の事故予防【リフォームQ&A】

2018-09-05

【リフォーム相談プロ】での藤田ハウスの回答をご紹介!

第15回目は、 築30年戸建に住むご両親をもつT様より

『高齢両親の事故予防』についてのご質問です。

「深めの浴槽、出入口は階段。居間~台所・縁側、廊下~物置等動線にこまかい段差が点在。トイレや脱衣所の空間は冬はかなり寒い。 活発な両親だが事故や病気を予防したい。 一番いい改善方法は? 大体の価格や期間も知りたい。

藤田ハウスの回答

『今必要なリフォームを』

ご両親へのお気遣い、すごく喜ばれると思います。

活発なご両親という事ですので、大胆な予防工事は必要ないかと思われます。

通常のリフォームの場合、まず困ったところを改善していく事をお勧めしています。 質問の内容から私の感じた優先的なところを将来を見据えての提案をします。(金額は過去の事例価格) 

① 浴槽が深い・・・ T様も感じるくらいですから、今でも早くなく改善したい場所 

《工事方法》 ○広さが取れるようなら、浴槽を1.2m程度のモノに入れ替え床の段差を少なくする(比較的安価)・・・30~60万程度 ◎ 〃       ユニットバスを選択 保温性が保たれ段差がほぼフラットである(高価であるのとリフォームは難しい時も・・)・・・80~120万程度

②動線にこまかい段差が点在・・・ ○ご両親が実際つまづいているかどうかを確認してください。「NO」の場合はまだ、不要です。 ◎リフォームをするなら、こまかい段差とあるので、既存の床の上に貼り足す工事がよいでしょう。 床の強度は上がるのに加え、段差が小さくなる利点があります。(工事前に床下の点検は要ります)・・・面積,素材によるが5~15万程度 ◎つまづいていて、なおかつ安価に仕上げたい場合、段差に見合った小さなスロープを造り付けます・・・2~4千円/1ヶ所  

③トイレ、脱衣が寒い・・・ ○両室ペアガラスに取替え、壁掛けの暖房やパネルヒーターなどを設置・・・8~15万程度 ○床や天井との際の隙間をつぶす。隙間の大きさによるが、コーキングと呼ばれるもので埋めたり、 廻り縁や幅木打ち直し(このときも見えないところにコーキング)・・・2~5千円 介護予防には、手すりが有効です。「まだまだ必要ないよ」と、言われそうですが、玄関や、トイレの立ち座りの時に有効な手すりはきっと喜ばれます。 木製手すりなら、1ケ所・・3~10千円  浴室などの樹脂の手すり 1ケ所・・1~2万円 の工事が可能です。

水廻りとか、内装のやり替えなど大掛かりになれば、金額も乗じてあがります。 ご両親のご意見をしっかり聞いて、無駄な工事は極力さけて、「交換したかった」「傷んでたんだよ」というところを優先してください。 その上、将来を見据えて使いやすいようなリフォームにしてください。 詳細なことは、いつでも相談メールをしてください。 お役に立てばうれしいです。

 

以上 いかがでしたか?

高齢になってから不便が出てくることはよく聞きますが、何でも直してしまうのではなく、

なるべく必要最小限な改修がベターなんですね。

今後も少しずつ藤田ハウスのリフォーム相談回答例をご紹介します。

お楽しみに♪

 

藤田ハウス

有限会社 藤田ハウス

〒794-0813 愛媛県今治市衣干町2丁目2-35 TEL:0898-33-0073  FAX:0898-33-0081
営業時間 AM 10:00~PM 6:00 不定休

Facebook

工事施工範囲:今治市・松山市・東温市・新居浜市・西条市・四国中央市

Copyright © 2016 FUJITA HOUSE. All rights reserved.